おもちゃと2歳児とイクメンとの生活

家でできる早期教育を研究中

【おもちゃレビュー】英語教育はとにかく楽しく(『Super Simple Songs』のDVD)

子どもをバイリンガルにしたいと思うのであれば、方法はただひとつ。イングリッシュスピーカーと日常的に接することです。言語習得のモチベーションは、「誰かとコミュニケーションしたい気持ち」に他なりません。
マロは日本語の語彙がどんどん増え、話せる文も長くなってきました。先日昼に使った食事エプロンをこっそり夜も使おうとしたら、「お母さん、エプロン洗ってないんじゃない?」と言われました・・・。そんなマロに今英語を教えても、話してはくれません。息子はもう、英語が他言語であって、親や大好きな保育士さんや友達とのコミュニケーションには使わないものだと知っているからです。
それでも私が英語教育をするのは、いつか必要なときに役に立てばいいと思っているからにすぎません。必要としていない今の息子に成果を求めているわけではありません。
今はとりあえず、英語が勉強に組み込まれてしまう前に、英語は楽しい、という原体験を仕込んでおきたいのです。
最近マロがはまっていて、幼児期の英語教材としておすすめなのがこちら、『Super Simple Songs』のDVDです。

f:id:yucarix:20171018215859j:image

わざわざ買わなくても、YouTubeで無料で見られるのですが、英語以前にYouTube中毒になってしまうと元も子もないので、アナログ育児派の我が家はDVDを買いました。
買ったのはvol2で、親しみやすい英語の歌とそれに合わせたアニメーションが15曲収録されています。どの曲もとにかくクオリティが高いんです。自然と口ずさんでしまう親しみやすいメロディに、同じフレーズを繰り返す歌詞のダブルパンチで、嫌でも脳にこびりついてきます。英語字幕が付いていて、リスニングに自信がなくても歌ってあげられます。アニメーションも海外らしい可愛さで、古臭くありません。
我が家では、ご飯の支度中など、親が構えない時だけ息子に見せているのですが、消すと崩れ落ちて「DVD!DVD!」と号泣します。そのくらいマロも気に入っています。

supersimplelearning.jp