おもちゃと4歳児と0歳児とイクメンとの生活

かわいい息子たちで実験育児

第二子次男(サラ太)が産まれました!

つい先日、第二子となる次男を出産しました。

予定日より2週間早かったですのですが、かなり大き目で、激痛の出産となりました。久しぶりの新生児を堪能していると、そんなこともすぐに忘れそうですが、でも間違いなく痛かったです。人間のお産って痛すぎやしませんかね。無痛分娩の技術ってもっと洗練されないんですかね・・・。

次男はまだ産まれて間もないですが、早速マロとは全く違う子の気配。これからの育児が楽しみです。
もうすでにおぼろげなのですが、今回の出産レポを残しておきます。


17時ごろ 

友人宅でのホームパーティ中に腹痛。食べ過ぎかな?と思いつつ一応陣痛時計を始動。


17時半  

約15分おきに痛みの波があるので、念のため酒くさいイクメンとマロを連れて帰宅。帰宅中にも10-15分おきの痛み。まだ歩行も会話もできる程度。


18時  

帰宅。間隔は10-15分のまま。迷いながら産院に電話。経産婦なので念のため来てくださいと言われ、陣痛タクシーを呼ぶ。


18時20分ごろ

電話から5分強で陣痛タクシー到着。「ビニールとバスタオルお持ちですか?」と言われ陣痛タクシー名乗りながら用意してねえのかよ、ただの迎車タクシーじゃねえかよ)と心の中で悪態をつきつつ、母親と乗りこむ。
酒くさいイクメンと爆睡しているマロは留守番。


19時ごろ

産院到着。タクシー内で痛みが強くなる。我慢はできるが、話しかけて欲しくなくなる程度。
すぐにLDRに入り、分娩台に座ったまま担当の助産師さんから妊娠歴等について問診を受ける。(カルテ見たらわかるでしょ・・・)と思いつつ、陣痛の合間に答える。


19時半ごろ

子宮口が4センチ空いており、このままお産になりそうだと言われる。陣痛の間隔はもはや覚えていない。母親に腰を押してもらうと気持ち楽になるので、お願いする。痛みは強いがまだ呼吸で何とか逃せる。


20時〜21時半

地獄の時間。回を重ねるごとに、一人目とは比べものにならないほどの激痛が押し寄せ、痛みがない間の意識が朦朧とする。
気に入った体位を模索しながら、

「痛いよー痛いよー。誰か助けて!」
「なんで私ばっかり・・・ひどいよ・・・」
「誰か代わってー!」
「いつ終わりますか?」

などと意味がありそうな言葉を紡いで気をそらす。
いよいよ痛みがMaxになってきて、怒りに似た感情が湧いてくる
自分だけが理不尽なほどの痛みに耐えていることに妙に腹が立ち、助産師さんの肩に噛み付いて痛みを逃すことを思いつく。これが不思議と気が紛れる。謝りながら齧り付くおばちゃんを「全然大丈夫ですよー」と笑顔で受け入れてくれた年下の助産師さんが女神様に見えた・・・。


22時ごろ

子宮口が全開だと告げられる。にわかにLDR内に人が集まってくる。ボロボロのメンタルの中で(終わりが見えた!)と思うも、「あとは破水すれば・・・」というようなことを言われる。
(ならば破水させてやる・・・!)と念を送りながら陣痛と一緒に叫ぶとプチンという音がして破水。


22時40分

次男爆誕頭と肩を出すところまでは自分でいきみ、後半は助産師さんが引っ張ってくれた。つるんと出て行く感覚があり、全ての痛みが終わる。
横目で次男の無事を確認。


マロのときは少し麻酔を入れたので、完全な自然分娩は今回が初めて。時間にして3時間半のいわゆる安産だったようですが、本当に本当に痛かったです
よく出産報告で、スッキリした顔のお母さん写ってるじゃないですか。あれ見ると涼しげで、一仕事終えました、くらいに見えますよね。でも実際はちょっと違う気がします。この世のものとは思えない痛みに蹂躙された人にしか辿り着けない、何かを悟った表情なんだと思います
私自身も、もう自然分娩なんてまっぴらごめんですが、経験としてやってみて良かったです。何だか生物として誇らしいことを成し遂げたような気分です。

 

何度か悲しい経験をしてきてやっと出会えた次男。他のどの子でもなく、彼が私たちのところへやってきてくれたことには何か意味がある気がします。

彼を妊娠している間、無性に体が欲していてサラダばかり食べていたので、サラ太と呼ぶことにします。マロの育児でうまくいったところを取り入れながら、違いを楽しんで行けたらと思います。