おもちゃと2歳児とイクメンとの生活

家でできる早期教育を研究中

【おもちゃレビュー】1歳男児のロングフライトに役立ったもの 役立たなかったもの

ヨーロッパから帰ってきましたが、まだいまいち日常に戻れていません。ワクワクする異国の街並みを懐かしむ気持ちと、和食の味わいに涙してしまう舌が併存しています。

さて、数ヶ月かけてせっせと仕込みをしておいた、息子のロングフライト対策ですが、結果的に何とかなりました。マロは退屈から暴れ騒ぐこともなく、私は一度も機内で気まずい思いをせずにすみました。

機内で最も役立ったのが新品のトミカです。

f:id:yucarix:20170825080041j:image

6つ買っておいたのですが、3つで足りました。トミカのパッケージは2種類あるようですが、断然箱タイプをおすすめします。見せたときのジャジャーン感と、箱を開けるときのワクワク感がいい演出になり、その余韻で長時間遊んでくれます。ヨドバシカメラで1つ300〜400円でした。

意外に使えたのが、機内音楽のキッズチャンネルです。ヘッドホンをかぶせてあげると、静かに童謡に聞き入っていました。そのま寝入ってくれて最高でした。映画は我が家の方針上、見せませんでした。

本命だったのに全く駄目だったのはこちら。

f:id:yucarix:20170825184015j:image

『プラレールトンネルめいろ絵本』というもので、Amazonレビューが良かったので期待していました。ところが、車両の連結が外れやすいためマロがイライラしてしまい、すぐに回収。本自体も大きすぎて移動用には不向きです。

最終手段として用意していたiPadも出番なしでした。iPadは、見せても寝るわけでもないうえに、消すと騒ぐので、移動中は使い所がなかったです。外食の時など、一時的に静かにして欲しいときには最強だと思われます。

 

ロングフライト対策は、(1歳では海外旅行へ行っても覚えていないだろうし、だったらせめて大人が楽しめるように・・・)、という身勝手な動機で始めました。
ところが、マロは帰国後「ひこうき、じゃる、のったよ!」「またいきたいねえ」と毎日のように言ってくるようになりました。

飛行機ボルテージを上げ、憧れの飛行機に乗って素敵な場所に行った、というストーリーの導線を作ったことで、彼の中にわずかでも残るものがあったのかもしれないなと思っています。

せっかく遠出をするのであれば、事前の仕込み、おすすめです。