おもちゃと1歳児とイクメンとの生活

新米ワーキングマザーの試行錯誤子育て

【絵本レビュー】『のりものいろいろかくれんぼ(型抜き絵本)』(いしかわ こうじ)

『まてまてころころ』と同じ、いしかわこうじさんの絵本です。こちらはごく最近、息子が1歳4ヶ月か5ヶ月のころに買いました。ちょっと買うのが遅かったかなと思っています。

f:id:yucarix:20170412075912j:plain

見開き左のページに下地が描かれており、穴が開いた右のページを重ねると乗り物が現れます。こんな感じです。

f:id:yucarix:20170412075913j:plain

乗り物大好きなマロの食いつきは上々でした。ところが、すぐに内容を覚えてしまい、左のページだけで乗り物の名前を当てられるようになってしまいました。全然のりものかくれんぼしませんでした。「これは何でしょう?わからないかな?じゃーん、電車でしたー!」的なくだりは最初の数回だけ。
今や、「これは?」「でんしゃ」「これは?」「らっく(トラック)」「これは?」「こーき(飛行機)」と、淡々としたものです。すぐ終わってしまうし、何だか味気ないです。マロは気に入っているようですが、私の好みとはちょっと違う絵本です。

この時期に与える絵本はあくまで道具だと思っているので、コミュニケーションに広がりを生む絵本の方が私は好きです。その点では、この絵本は1歳半のマロと愉しむには情報量が少なすぎるように感じました。赤ちゃん絵本としてはとても良いです。0歳から買った方が楽しめたかもしれません。