おもちゃと1歳児とイクメンとの生活

新米ワーキングマザーの試行錯誤子育て

【絵本レビュー】『とびだす!うごく!れっしゃ』(わらべ きみか)

仕掛け絵本が大好きで、大好きなあまりあっという間に仕掛けをだめにしてしまう息子。そんな息子のために、手ごろな価格の仕掛け絵本を探して見つけたのが、この「てのひらしかけえほん」シリーズ。

f:id:yucarix:20170324074844j:plain

このシリーズは本当に素晴らしく、本当に(大人の)てのひらサイズなのですが、開くとどのページからも信じられないほどダイナミックな仕掛けが飛び出してきます。しかも開いておしまいではなく、仕掛けを動かして楽しむ工夫も施されています。こんなにクオリティの高いものが500円ちょっとで買えるなんて、そしてそんな時代に子育てできるなんて、自分はなんて恵まれてるんだろうと思いました。そのくらいの傑作です。そんなことを思っていたのですが、最近このシリーズは値上げされて定価780円+税になったようです。

電車も仕掛け絵本も大好きなマロ。そのコンボとなればひとたまりもありません。一時期はこの絵本を毎日何度も開いていました。マロに愛され過ぎた結果、絵本のクライマックスのターミナル駅は、このようにまるで敵の爆撃を受けたような様相になってしまいました。もう1冊新品を買ってあげたいのですが、Amazonでは定価の3倍以上(!)で取引されていて、とても手が出ません。もしかしたらもう絶版なのかもしれません。外出時にもちょうど良いサイズで愛用していたので残念です。

f:id:yucarix:20170324074850j:plain