おもちゃと2歳児とイクメンとの生活

家でできる早期教育を研究中

【おもちゃレビュー】子ども銀行のお金

多くの子どもたち同様、マロも母親の財布で遊ぶのが大好きです。紙幣やカードを1枚1枚取り出してばら撒いたり、小銭入れをひっくり返したり。不思議なことに、夫の財布にはあまり興味がないようで、ほとんど触れません。どちらが財務係なのかきちんと把握しているようです。

お金で遊ぶのが不衛生に感じたので、百均で売っていた子ども銀行のお金を買ってみました。ついでに綿棒のケースに切り込みを入れて、コインが入るようにしました。貯金を覚えてくれればいいなという下心です。

f:id:yucarix:20170317114509j:plain

値段

2セット216円 

良かった点

・本物のお金よりも衛生的。なめても笑って見ていられる。

・本物のお金ではないので、破られても笑って見ていられる。

・とにかく安い。 

いまいちだった点

・程なくして価値がないものであることに気づき、親の財布の現金に戻ってくる。

・親の財布に紛れ込ませるという悪質ないたずらに使われる。レジでうっかり出して恥ずかしい思いをする。

息子の反応

造りが粗いこともあってか、残念ながらすぐに飽きてしまい、遊ばなくなってしまいました。

 やっぱり親が使っている本物の財布と現金が良いようで、私の財布を見つけると必ずと言っていいほど遊びます。紙幣やクレジットカードを次々に抜き取っては、「はい、どーじょ!」と笑顔で惜しみなく配ります。まるでブルネイ国王のような気前の良さです。
子ども銀行のお金の方は、ままごとの小道具にしたり、ひいてはファイナンス教育にも使えるかもしれないので、当分は捨てずにとっておくことにします。